シェアする暮らし 広がる”わ”

About Come on UP

フィロソフィー

 

Company Info

Company Name
Come on UP, Ltd.
CEO
Yasuko Nagase
Address
3-34-1 Kichijoji-Minamicyo Musashino Tokyo 180-0003 
TEL: 03-3760-1392
FAX: 03-4333-7572
Osaka Office
1-19-10 Miyahara Yodogawa-ku Osaka-shi Osaka 532-0003 
Shi-Osaka Excel Building  7F
TEL: 06-6836-9915
Main Business
Operating and managing Share Houses
New business development support
Capital
10,000,000 yen
Established
2006/2

沿革

  •  

ご協賛

Japan Internships

Japan Internships

Internship programs in Japan for motivated students and recent graduates, between the ages of 20 to 30, from around the world to intern at businesses and organizations in the Tokyo area. Host companies include both large multinational and small entrepreneurial organization and come from a wide variety of fields such as education, non-profit, finance, IT,engineering, hotel, marketing, anime and many others. We offer both summer and year-round programs for a duration from 1 to 3 months. Full support for work and living matters are provided.

GABA

GABA

Numerous companies in Japan provide English conversation lessons. What makes Gaba unique is that all teaching is done one-to-one. This approach allows for customization of the lessons and ensures steady progress towards each client’s English language goals.

Interac

Interac

Numerous companies in Japan provide English conversation lessons. What makes Gaba unique is that all teaching is done one-to-one. This approach allows for customization of the lessons and ensures steady progress towards each client’s English language goals.

経営理念

当社Come on UPは、自律心ある人々が共同生活を通して、互いに学びあい、成長する場を提供します。

市場概況

アメリカでは40歳までにシェア生活を経験する人が90%以上といわれるのに対して、日本では5%にも満たないと言われています。しかし、ここ数年の間に国内市場は急速な拡大を見せ、その成長率は150%を上回っています。金融危機以降、不動産業界は低迷を見せていますが、その情勢下において好調ぶりを見せるシェアハウス事業に、他の不動産関係者からの注目も集めています。今後も市場は拡大を続ける見通しとなっております。(データ出所:『ゲストハウス白書』)

事業概況

今年度はほぼ計画通りにハウス数の増加に成功し、以下に記す通り現在都内を中心にシェアハウスを9軒構えています。
2006年2月  恵比寿ハウスオープン
2006年4月  吉祥寺ハウスオープン(8LDK)
2008年7月  成増ハウスオープン(6LDK)
2009年3月  南台ハウスオープン(6LDK)
2009年4月  荻窪ハウスオープン(6LDK)
2009年5月  永福町ハウスオープン(6LDK)
2009年10月 雪ヶ谷ハウスオープン(7LDK)
2009年11月 住吉ハウスオープン(7LDK)
2009年12月 等々力ハウスオープン(9LDK)

主な住人:【会社員】外資系IT企業勤務、システムエンジニア、大手メディアWEB企画、大手メディア営業、メーカー営業、食品メーカー事務 【クリエイティブ】デザイナー、番組ディレクター、スタイリスト 【教育関連】大学研究員、英語教師 【専門職、他】獣医、弁護士補佐、人事コンサルタント、会計コンサルタント、国際協力機関勤務、割烹料理店勤務

ハウス出店計画

当社は2010年4月までに5軒の新規ハウスをオープンする計画を立てています。計画通りにハウスをオープンしていく事が出来れば、シェアハウス業界のトップ3※1に入り、更なる成長の弾みに出来ると考えております。計画を実現するためにも、現在不動産業界関係者を中心にネットワーク作りに励み、優れた物件情報を確実に獲得していける体制作りに励んでおります。またハウス数拡大に伴う費用をカバーする資金を確保するために、外部からの資金調達ができる体制作りも進めております。(※1 ゲストハウス・外人ハウスを除く)

顧客ターゲット

当社のターゲットとする住人像としては、「共同生活を通して他の人々と共に成長することを望む、自立した20 ~30代の独身社会人」を掲げております。そのような特性・心意気を備えた人であるかどうか判断させて頂くためにも、入居希望者の方々に対して事前にスクリーニング(面接、ハウス内覧等)をさせていただいております。

住人ケアプログラム

入居いただいた住人の方々に気持ちよく生活・成長していただくために月2回各ハウスの設備点検を行っております。また各ハウスの担当スタッフを含めたハウスミーティングも月1回行い、住人同士で生活向上を実現させていくために、課題検討やアイデア提案を出来る場を設けております。今後も現在のシステムの改善に努め、ハウス数を拡大しても1軒1軒にケアが行き届くように効率的な運営を目指してまいります。

物件開発

多くの物件情報から当社のコンセプトにマッチしたハウスの選定を行い、そしてオープンを果たした際に迅速にハウス情報を提供できるよう、販売促進も強化を図ってまいります。これら一連の業務を確立することでノウハウをパッケージ化し、それを基に新たなビジネス展開(フランチャイズ、コンサルティング等)にも繋げていきたいと考えております。

基盤強化

今後の事業拡大をしっかりと支えていけるような経理・人事等、各部署での業務を確立し、社内基盤の強化を図ってまいります。

事業リスク

シェア生活において住人同士・近隣住民のトラブルというのは、入居希望の方や大家様にとって大きな不安要因となっているようです。住人同士のトラブルに関しましては、それ以前は他人同士であった方々が一つ屋根の下生活をスタートし、共感を得ていく過程の中で同時に衝突が起こってしまうことは極めて自然なことだと考えます。当社が重要だと考える点は、そのトラブルに対しコミュニケーションを取ることで解決し、さらには成長の糧としていこうという気構えを持っているということです。当社では入居希望の方に対して、事前の面接等を通じてそのような心意気を備えているか方であるかどうかを確認した上で住人としての受け入れを決定しております。また急拡大するマーケットにおいて、今後も新規参入事業者が増えていくものと予想されます。シェアハウスという住居形態の認知度はまだまだ低い日本の現状において、ただ流行に任せて参入する事業者が増えてしまえば、質の高いシェア生活を住人の方に提供することができず、シェアハウスに対するイメージを損ねてしまいます。そのような事態を防ぐためにも、当社は積極的に自律成長型のシェアスタイルの啓蒙に取り組んでいきます。

IRポリシー

投資家の皆様に対する正確、迅速、明瞭な情報提供を目的として作成している資料となります。ただし市場予測や事業戦略については、あくまでも現時点における当社の見解であり、確実な実現を保証するものではありませんので、ご了承ください。

Career at Come on UP

Come on UP Internship in Japan

Come on UP is a venture company with its mission to create development opportunity and
to encourage people to challenge for their dream. We have two lines of business, one is to
manage international “Share Houses”, and another is to support new business development.
Come on UP is a pioneer in developing this “Share House” concept in Japan. Share House
successfully became one of popular living choice of young people in Japan, and its life style is
now featured in magazines and TV shows. We currently operate 32 houses conveniently located in
Tokyo, Osaka, and Kyoto.

This fun company provides an international, social and young spirited environment that believes
strongly to bring better life to people through the concept of “share” and “mesh”.  Bring your
innovative idea and make it real!

Join the Come on Up team! Come on UP intern shall gain the real business experiences
which may also be very challenging to the one’s personal growth.

We welcome innovative ideas, and interns are expected to be proactive rather than passive.

We offer internship with various responsibilities. For first 1 – 2 weeks, interns will try different position to understand overall business and should set personal goal
and project by the end of that initial training.  There will be midterm review to check you progress and
final presentation to conclude your project.

Various Positions:

– Marketing
Main goal of the marketing is to raise awareness of our service.  Since Share House is fairly new
concept in Japan, there are many ways to reach out to people who had never knew such life style.
Task will include researching the market, evaluating marketing strategy, creating attractive campaign
and events.  Marketing channel is both Internet and real.

– House Development
Researching for new house property, check and rate house for shared house compatibility, negotiate
on terms and conditions with house owners. Develop renovation plan with construction contractors.
Renovate house with self renovation team (often include students and neighbors)

– Community Development
Plan events and meeting. Providing information and helping residents. Attend business meetings with
property owners and key business partners. Help plan social events for residents.

– Business Strategy / Accounting
Meeting with accountants, bank and possible investors.

– Web strategy and development
Attractive contents
SEO/SEM

– B2B Sales
Based on special package Research target market companies, and develop special package TEIAN

Office duties include answering phones and email inquires about our houses.
1-2 weeks to experience all division to understand overall business
Set personal goal and projects > Mid-term review > Final Presentation

No Japanese ability required.
Outgoing and social personality.
Knowledge of social media and internet preferred.
Can-do attitude with an interest in entrepreneurial venture business.
Must live in a Come on UP house / room. (Which will be chosen by Come on UP).

Internship  *No payment
*Transportation fee ― Transportation fee from our office (Tokyo: Ebisu, Kansai:
Shin-Osaka) to work site will be reimbursed. The fee from your house to our office
will not be reimbursed.

Mon, Tue, Thu, Fri  /  10:00 am – 7:00 pm ( 8 hours a day )

Housing is provided by Come on UP. Intern is responsible for utility share.

*Utilities― ¥10,000/month will be charged as a utility deposit. The Utilities are split evenly
among residents. The utilities shall be recalculated. The resident will receive money back,
or be required to pay more.

*Extension of stay―When you want to stay beyond intern program, we need to agree
with a new residential contract.

*If someone wants to move into the currently occupied room, intern must move to
another vacant room.

If you are interested in this opportunity, please email your resume to

info@comeonup-house.com

Renovating Japanese traditional house

Renovating Japanese traditional house

 

 

May 5th, 2007
【OWNER’s STYLE】
media2
August 2nd, 2010
【Weekly National House Rental newspaper】

media4

August 9th, 2010
【Weekly National House Rental newspaper】
March 3th, 2011
【TV Tokyo show: 「空から日本を見てみよう」】
May 1st, 2011
【TOKYO MX「Tokyo! Boy!」】
July 16th, 2011
【TV Asahi show: 「やじうまテレビ!」】
July 25th, 2011
【東京グラフィティ, issue #083】
media1
July 10th, 2012
【CEL vol.101】
February 16th, 2013
【TV Tokyo show 「フカボリン」】
April 1st, 2013
【いますぐ始めるシェアハウスガイド】
 
 
 
 

 

LINEで連絡LINEで連絡